Webasto Heater ベバストヒーターWebasto Heater ベバストヒーター

ベバストヒーターとは?ドイツ生まれの燃焼式ヒーター

ベタストヒーター詳細
エンジンを切った状態でも暖かくて快適な車内を保つエアヒーター
冷え込む山の中でのキャンプや、スノボー旅行。
存分にアウトドアを楽しんだ後、車内は暖かく快適な空間にしてくれます。ベバストヒーターはそんな上質な車内空間を提供します。 アイドリング時に比べ、燃料消費量、CO2排出量とも約10分の1程度に抑えられます。
国土交通省から省エネ機器として認定され、NEDOの省エネルギー支援事業として購入費用の一部が補助(運送業者に対する補助)されることになりました。
もちろん、一般乗用車に装着することもできます。スキー、サーフィン、ダイビング、釣り等、アウトドアでの車内の暖房には最適です!

ベバストヒーターの特徴エンジンをかけていなくても作動

ベタストヒーター詳細
車内の空気を汚さない
燃料ポンプで送られた燃料と、車外から吸入した空気との混合ガスに着火し、燃焼室で燃やして熱交換機を暖めます。完全燃焼した微量の排気ガスは車外に排出します。内蔵モーターで車内の空気を取り入れながら熱交換機で暖めて再び車内に温風を送り込みます。
温度センサーで吸入空気の温度を感知し、設定温度に達したら、燃焼を自動的にストップします。車内の空気を汚すことなく一酸化炭素中毒や酸欠の心配がありません。
低燃費
燃料は車の燃料を使用。
12時間使用しても燃料消費量は、1.2リットルあまり。消費電力も1時間あたり24Wと省エネ。
ガソリンでもディーゼルでも取り付け可能です。
ベタストヒーター詳細

特徴のまとめ

  • ・ひと晩(8h)使用しても、燃焼消費は約1.5L程度
  • ・エンジン停止状態でも使用でき、アイドリングによる騒音を抑制
  • ・設定温度に達すると出力を自動制御する安心・省エネ設計
  • ・バッテリー電圧が低下するとヒーターは自動停止
  • ・軽量小型の省スペース設計
  • ・代理店ならではの1年保証あり

ベバストヒーターの構造燃焼・温風の仕組みについて

ベタストヒーター詳細
燃焼の仕組み
燃料ポンプで送られた燃料(7)とファンで吸収した空気(6)との混合ガスにグロープラグ(8)で着火し、燃焼室内(9)で燃やすことにより熱交換器(11)を暖める。完全燃焼した微量の排気ガスは車外に排出(13)
温風の仕組み
内風モーター(5)で空気ファン(2)を回し、取り入れた車内の空気(1)を熱交換器(11)で暖めて、車内に温風を送り込む(12)温度センサー(3)で吸入空気の温度を感知しながらコントロールユニット(4)で燃焼をコントロールする
*万が一、オーバーヒートした場合は、センサー(10)が働きヒーターを自動的にストップする

製品仕様

製品仕様詳細製品仕様詳細

車両別ベバストヒーター適合表およびレイアウト例

車両別ベバストヒーター適合表およびレイアウト例詳細車両別ベバストヒーター適合表およびレイアウト例詳細

Contact予約、お問い合わせはコチラから

mailform

弊社ではキャンピングカー全てに取り付けております

レンタカーを見る

Access

LINE@ こちらからも予約できますLINE@ 予約